BLOG

ブログ

パーソナルトレーナーが教える!太りにくいパン2選

こんにちはカロリートレードジャパン代表トレーナーの小島です。

本日は現役のパーソナルトレーナーが教える太りにくいパンを2つご紹介いたします。

よくお客様からのご相談で「パンてダイエットに良くないですよね・・・」と相談されることがあります。

僕の実体験からパン類の食品はダイエットには良くないと言うイメージがあるようです。

ですが世の中には太りにくいパン類やその食べ方というものが存在します。

僕もトレーニングを日々行っていますが、その際に食事に気をつけているときでも本日紹介するパンを利用したりしてダイエットやボディメイクの妨げにならない様にパンを利用しています。

本日はその利用しているパン類についてご紹介いたしますので、

ぜひ最後までご覧になって日頃の食卓に入れて健康的にダイエットしていきましょう!

ダイエット中でも太りにくいパンはコレ!

ダイエット中に太りにくいパンはズバリ・・・

「ブランパン」と「フランスパン」です。

この2つのパンが太りにくいのには理由があります。

まず前提としてそもそもどうしてパンは太りやすい食品なのでしょうか?

それは食べやすさと栄養素にあります。

パン類の栄養素は砂糖などの糖質や卵・牛乳・バターなどの脂質が多く、そして何よりたんぱく質量が少ないです。

ですので、パン類の食品は傾向として高いカロリー・糖質・脂質そして低タンパク質になります。

まずこの栄養素がパン類がダイエットに向いていない理由です。

ダイエットに向いている栄養素は鶏肉などの低カロリーで低糖質そして高タンパクが望まれます。

ダイエットに良い食材と全く逆の栄養素を持っているため、パンはダイエットには向かないとされています。

またパンには食べやすさがあります。

調理を行う手間がなく食べるまでのハードルが非常に低いです、ですので他の料理・食品より手がつけやすく不必要に多くの量を摂取してしまう流れがあります。

またパン類はその質量自体も圧縮すればかなり小さいものになります。

胃腸の中でも消化吸収されやすいためにすぐ空腹感が募り、血糖値による乱高下でも飢餓感を促進する要因となります。

またパンは調理の必要がほとんどなくそのまま食器も使わずに食べることができます。

手軽に食べることができるため家事の手間を省くという点では非常に有効ですが、ダイエットにおいては悪影響を与えます。

高いカロリーとその手間のかからなさ・食べやすさがダイエットに向かない理由となります。

ですがもちろんパンは簡単に食べることができて高いカロリー量を摂取することができるので、時間のない主婦の方やお子様の間食等には非常に向いています。

今までの話はあくまでダイエットと言う観点で見たときの悪い面です。

僕自身もパンは仕事の合間に食べることがありますし朝食等でも時間がないときは利用しています。

パンと言う食材が何をおいても完全な悪者と言うわけではなく、ダイエットと言う観点で見たときに多少良い面が少ないと言うことです。

長くなりましたがこれを前提知識としてダイエットに向いている

ブランパンとフランスパンをご紹介します。

ブランパン

このブランパンは先程言ったパンの悪いところを栄養素の面からカバーするパン類の食品です。

ブランパンはブラン粉と言う穀物を使用しており、小麦で作られている版よりも高タンパク質で低カロリーです。

昔はあまりこのブランパンを見ることが少なくなりましたが、最近ではコンビニやスーパーでも普通に売っています。

もしご興味ある方は探してみてはいかがでしょうか?

フランスパン

次はフランスパンです。

フランスパンは先程言ったパン類がダイエットに悪い原因の一つ、食べやすさの点をカバーしています。

フランスパンは皆さんご存知の通り食感が硬く、食べるのにかなり咀嚼をする必要があります。

咀嚼という行為には食事の満腹感を高める作用があります。

そのため咀嚼が多くなるフランスパンはある程度ダイエットには有効です。

ここで注意して欲しいのは咀嚼をしないと摂取できないと言う面ではフランスパンは非常に優秀なパン類ですが、

栄養素に関してはその他のパンと大きく変わりは無いので食べ過ぎにはご注意ください。

全体のカロリーを見ながらその量を調整する必要があります。

ダイエットに効果的なパンの食べ方

最後にダイエットに効果的なパンの食べ方についてご紹介します。

それはタンパク質の高い食材と一緒に摂取することです。

具体的には生ハムや鶏肉など低カロリーでこうタンパク質の食材と一緒に食べることによって

パンの栄養面をカバーすることができます。(カロリーは高いので食べすぎには注意してください。)

この方法でパンを食べれば調理の手間もそこまで必要はありませんので、忙しい方にもお勧めです。

ぜひ皆さんもいちど行ってみて下さい

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回はパン類に限ってお話しさせていただきましたが

基本的にダイエット中に食べていけない食品はないです。

カロリーやタンパク質量のバランスを見て、全体を通してカロリーのバランスが取れていればどんな食材でも大丈夫です。

私もお客様に食事指導をさせていただく時には必ずお客様の負担が一番軽くなる様にを心がけています。

考え方を柔軟にして、楽しくダイエットを進めていきましょう!

記事一覧

小島

この度はカロリートレードジャパン草加店にアクセスくださりありがとうございます。トレーナーの小島雄一郎です。 物心が付く頃から野球一筋で歩んで来ました。野球歴約23年。 い...

関連記事一覧