BLOG

ブログ

栄養素はそれぞれ重要な役割を担う

私たちの体は食べ物から摂りこんだ栄養素を

消化 吸収  代謝しています。

代謝とは吸収した栄養素を体の

中でさまざまな事に活用する事です。

代謝の目的は、主に3つあります。

1       エネルギーを生み出す

2       筋肉や細胞をつくりだす

3       エネルギーを生み出したり、筋肉や細胞をつくりだし

たりする時の反応を円滑にする

どの目的も大事でどれかひとつが欠けても

私たちは生きていけなくなります。

またこれらの目的を果たすために

さまざまな栄養素が役割を分担して体内で働いてくれています。

三大栄養素とはなにか?

代表的な栄養素を総称して三大栄養素あるいは五大栄養素と呼びます。

3大栄養素とは

炭水化物(食物繊維+糖質。ご飯、パン、麺類など)

脂質(動物性油脂、食物油など)

タンパク質(肉、魚、卵、豆など)

のこと。

数ある栄養素の中でも、

この三大栄養素はエネルギー(カロリーを含んでいます。

また三大栄養素にビタミンとミネラル(カルシウム、カリウム、マグネシウムなどの総称)を加えたものを五大栄養素と呼びます。

意外に思われるかもしれませんが

ビタミン、ミネラルにはエネルギーがありません。

どのような栄養素をどれだけ取り込むかと言う

内訳によって体内でどのような

仕事が行われる日も

変わってきます。中でも面白いのは糖質です。

糖質の働きはただ1つエネルギーを作ることをのみです

ですから糖質をいくらとっても

体を作る成分になる事はありません(体脂肪を除いて。

現代人に足りない栄養素、摂りすぎの栄養素

現代の日本人に共通して見られる残念な傾向があります。

それは五大栄養素の中でも糖質、脂質を取りすぎている点。

そしてタンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維は不足しがちな点です。

例えば市販のサクサクのスナック菓子や

ふわふわのケーキそしてファーストフード店の

バーガーセットなどを好んで食べているとこのような傾向が強くなります。

中でも特に注意をしてほしいのは高糖質、高脂質な

食事をしているのに、タンパク質が

不足しがちと言うパターンです。

日々の食事で最も優先して摂りたいものは

何といってもタンパク質です。

理由は簡単で筋肉、骨、皮膚などの体そのものを作ってくれるからです。

タンパク質は約20種類のアミノ酸からできています。

そのうち9種類は体内で合成することができない

必須アミノ酸で食事からとらなければなりません。

たんぱく源としては肉類や魚介類などがありますが

それらは脂質を同時に含むので高カロリーであることも多いため

なるべく控えると言う人もいるようです。

けれどももし肌が荒れてきたり髪が細くなったりしたら

それはタンパク質が足りない証拠。

毎食手のひらと同じサイズの肉類が魚介類を

食べると良いとされているので意識して摂るようにしましょう。

またタンパク質には必須アミノ酸、脂質には必須脂肪酸と

いう体内では合成することができない大事な栄養素があります。

万が一これらが不足すると、全体的な栄養バランスが乱れかねません。

それほどタンパク質は大事なのです。

反対に取り過ぎてしまいがちなのが炭水化物(糖質)

こちらは特に激しい運動をしていないのであれば

1食あたり拳1個分の糖質をとれば充分です。

目安としてはご飯をお茶碗1杯程度。

麺類とご飯のセットメニューやパンの

おかわりを避ければ良いでしょう。

脂肪がつかない理想的な食生活とは

最後に多くの人が太る原因として気にする脂肪は

どのような仕組みでできているのか

その仕組みについても説明しましょう。

3大栄養素である炭水化物(糖質、脂質、タンパク質)のうち

特に糖質と脂質は主にエネルギー源となり

使い切れずに余った分は体脂肪として体に蓄えられていきます。

ですから糖質や脂質を取りすぎると体に脂肪がつきすぎてしまいます。

したがって健やかな体づくりのためには

適量の糖質と良質の油脂(特に動物性)を

意識した献立を心がけることが大切です。

そして糖や脂質の消費に必須のビタミン

脂肪を分解し筋肉を作るのに重要なミネラルをよくとりましょう。

このような栄養知識があってこそ、

食生活をより向上させることができます。

ダイエット考えているなら5大栄養素の

それぞれの働きについて熟知しておきましょう。

記事一覧

小島

この度はカロリートレードジャパン草加店にアクセスくださりありがとうございます。トレーナーの小島雄一郎です。 物心が付く頃から野球一筋で歩んで来ました。野球歴約23年。 い...

関連記事一覧