BLOG

ブログ

首関節

姿勢を整える起点は、首の骨の位置です。

首の骨の位置がずれるとそれを直そうと全身の骨が歪みだします。

歪みを生み出さないように

常日頃から可動域を広げ、

首の骨が正しい位置になるように調整しましょう。

首を左右に傾けることで周りの筋肉が伸縮します。

さらに前後の動きが加わることで、

普段使用していない筋肉の収縮を促し、

血流やリンパの流れを促進し、

不要な物質の排泄も促します。

 

目的と効果

 

首は呼吸により酸素が通る場所です。

首から正しい姿勢を保つ事は全身に栄養素を

まんべんなく行き渡らせるのに必要不可欠です!!!!

 

体の歪みは頭、首の骨の歪みから始まります。

首の骨を正しい位置に戻すことで、

自然と全身の骨が正しい位置に戻ろうとし、

姿勢が自然に整います。

 

エクササイズ

左右に倒して前後のエクササイズ

①首を左横に倒し限界部分からほんの少し戻した状態を作り、

顔の両脇を板で挟まれているイメージを作ります。

②イメージの板の間をそのままゆっくり通って、

斜め下の地面を見るように頭を前に倒します。

③次に頭を後ろに倒しますが、

ゆっくりと天井を見上げるように胸をはります。

同様に右側も行ってみてください

前後に倒して左右のエクササイズ

①首を前に倒し、限界部分からほんの少し戻した状態を作り、

頭から首の付け根に硬い軸をイメージします。

 

 

②イメージした軸を中心にゆっくり頭を左右に動かします。

③同様に後ろに倒し、その軸を中心に、

ゆっくり頭を左右に動かします。

 

1セット終わるごとに前回に比べて

首がより倒れるようになっていることがわかります。

こりがひどい場合や疲れが溜まっている場合は回数を増やします。

このエクササイズは自分1人でもできますが、

サポーターがそっと手を添えるだけで

軸がブレなくなり、より効果を得ることができます。

※ 5セットを目安に行いましょう。

記事一覧

小島

この度はカロリートレードジャパン草加店にアクセスくださりありがとうございます。トレーナーの小島雄一郎です。 物心が付く頃から野球一筋で歩んで来ました。野球歴約23年。 い...

関連記事一覧