BLOG

ブログ

 

こんにちは!カロリートレード草加の小島です!

今回はどうしたら痩せるかお話したいと思います

効率よく痩せるためのアドバイス

筋肉量を増やし、基礎代謝料をあげることで、

痩せやすく太りにくい体質になることができます。

そのため、朝食はバランスよくしっかりと摂った上で

筋肉を落とさないように有酸素運動、筋肉トレーニングをしましょう。

血行を良くするために柔軟運動をして、基礎代謝をあげることが必要です。

最近の研究では一日9時間以上座ってる人は有意に病気になりやすいことがわかっています。

30分毎に立ち上がり2分間散歩する事を続けるだけでも脂肪がつきにくく、

健康な体になることがわかっています。まずはできることから始めてみましょう!

疾患への影響

運動不足による筋肉量の低下は、

怪我や骨折の危険性を上昇させます。

柔軟体操などの運動は、骨折のリスクを低下させるのみではなく、

数分間でも定期的に行うことにより、

筋肉における血液の糖分を吸収するインスリンレセプターを活性化し、

血糖を下げ糖尿病の予防になることがわかっています。

怪我やメタボ対策を行う上でも、

筋肉量を落とさないための日々の身体を動かす気持ちが重要です!!!!!

 

日本人の3つの肥満タイプ

日本人の肥満タイプは大きく3つに分けることができ、

タイプにそれぞれ特徴があります。

自分自身の肥満・代謝に関する「体質の特徴」を正しく理解することで、

単純にカロリーを制限するだけではなく、

食事バランス(栄養バランス)を調整したり、

体質別の運動を取り入れ、

効果的なダイエットができる生活習慣を実践することができます。

その3つをご紹介します。

肥満タイプ1…皮下脂肪が蓄積しやすく下半身の悩みが多い方。

日本人の女性に特に多いタイプです。

肥満タイプ2…糖質の摂取で内臓脂肪が蓄積しやすく

お腹周りを中心に上半身の悩みが多いタイプです。

肥満タイプ3…エネルギー代謝が良いのですがいちど太ってしまうと

筋肉が少ないため痩せにくいタイプです。

自分のタイプを知って、より効率的なダイエット計画を立てることをお勧めします!

太る仕組み

 

どうして太るの?

私たちは食べることにより栄養を摂取し、生命を維持しています。

3大栄養素として、たんぱく質・脂質・糖質(炭水化物)があり、

私たちの運動や生命維持に必要なエネルギーを供給しています。

食べ物を食べた時、摂取エネルギーが消費エネルギーより大きいと、

余ったエネルギーが脂肪として体に蓄えられ、それが過剰になると肥満の原因となります。

どうすれば痩せられるの?

◉まずは脂肪をため込まないこと

脂質糖質を取りすぎないように意識しましょう。

また食べ方を工夫することで脂質や糖質の吸収を抑えることもできます。

◉筋肉量を増やし基礎代謝向上。

日常生活の中で簡単にできる運動で少しずつ筋肉量を増やし、

基礎代謝を上げていきましょう。基礎代謝は筋肉の量と比例します。

「痩せやすく太りにくい体」を手に入れましょう。

◉余分な脂肪を燃焼させましょう。

たまってしまった脂肪を燃やすのに有酸素運動はとても有効です。

15分から30分以上運動を続けると体脂肪がエネルギー源の主役になり、

効率よく燃焼することができます。

 

軽い運動を長く続けると脂肪が優先的に消費されます。

これが有酸素運動の特徴です。

健康でキレイな体づくりには、

バランスの良い食生活と適度な運動

そして、十分な睡眠が必要です。

毎日の生活の中で、

継続して続けることが大切です。

まずはご自身で無理なくできることを

今日から始めてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

記事一覧

小島

この度はカロリートレードジャパン草加店にアクセスくださりありがとうございます。トレーナーの小島雄一郎です。 物心が付く頃から野球一筋で歩んで来ました。野球歴約23年。 い...

関連記事一覧